仙台で二重まぶたを作る埋没法を受けるためにお金を貯めて両親を説得

若いうちから二重を楽しみたい!

埋没法 仙台美容整形クリニック

若いうちから二重を楽しみたい! : 一重の印象が悪さが嫌い : 貯金できたら親を説得してみよう♪

仙台生まれの仙台育ちである両親はもともと若い頃は一重まぶただったのが、年のせいでたるんだのかいつの間にか段々に二重まぶたになったのだといいます。
確かに若い頃の両親の写真を見るとふたりともバリバリの一重です。
特に父は現在のような優しい目ではなく、怖いくらいのきつい目で写っています。
それで私も納得できたのです、自分がこんなきつい一重まぶたなのは父親のせいなのだと。
だとしたら年を取って将来的には私も二重まぶたの父のような優しい目になれるのかも知れませんが、問題はそれまで待っているなんてとんでもないということなのです。
どうしてかというと父が二重まぶたで写真に写るようになってのは、私が生まれてからですから30歳くらいの頃です。
つまり今はうら若き娘である私が三十路になるまで我慢しろってことです。
花の命は短いと学校の教科書だか家にあった本だかそれとも親の言葉だったか、ともかく考えただけでも恐ろしいことです。
それで私も自分なりにまぶたを改造する方法を調べたり、考えたりするようになったのです。